へそくりのススメ。コツコツためるコツ

夫が家計管理している人のへそくり

財布と男性

夫が家計を管理している家庭も、最近増えているようです。
このような家庭の場合、妻は専業主婦であることがほとんでです。 夫から生活費として、月々決まった額を受け取っています。 専業主婦で、夫が家計を管理している妻は、へそくりを持っているのでしょうか?

 

【家計を管理している夫の特徴】

 

☆お金の管理に慣れている(お金に細かい)

 独身時代から一人暮らしなどで、お金の管理に慣れている場合、  妻のお金の使い方と価値観が違うことを嫌がる傾向があるため、自分で管理したがる。

☆自分の自由になるお金はキープしていたい

 自分の収入は妻に知られたくなく、自分が自由に使えるお金は常に持っていたい

☆妻よりも年上

 妻の方がずっと年下なので、あまり信用していない。

 

【家計のありかた】

 

☆生活費を毎月決まった額妻に渡す

 必要最低限の生活費を妻に手渡す、或いは銀行口座に振り込む。

☆特別な出費は、夫に頼んで許可をもらってから

 買い物などに出かけて、欲しいものがあってもその場では買えない。

 

【妻のへそくり】

 

☆なかなか、へそくりまで作れないのが実態

 夫の管理が厳しい場合は、なかなかへそくりをすることは難しい。

☆硬貨預金

 おつりで貰う程度の硬貨を少しずつ貯める。

☆実家からのお小遣い

 夫には内緒で、実家からお小遣いをもらって、へそくりにする。

☆生活費をやりくり

 生活費の中から、少しずつ内緒で貯める。

 

全体的に見ると、夫が家計を管理している場合、お金にも細かいので、 へそくりをしていることが、知れてしまう場合も多いため、へそくりは難しいと考えられます。